三洋vs神戸(桃太郎)

★全勝対決を制するのは。

実況:大前一樹

解説:藤島大

注目選手・神戸
ホラ選手。ゲームをコントロールしている(『超攻撃ラグビー』とは違ってますがw)。

注目選手・三洋
霜村、榎本選手がそろったバックス。

藤「神戸はモールで優位に立ちたいですね」



ホラ選手のキックオフで試合開始。

神戸のノットリリース。
藤「入るかどうかわかりませんが(笑)、PGきざんでいくことも大切ですね」
大「ハーフウェイから相手陣内に入った10mの外側、少し左より。低い弾道ですが外れました」
1分 三洋電機 トニー・ブラウン PGx 0-0
「失敗しても動揺しない雰囲気が大切ですね(笑)」


2分 三洋電機 ホラニ・龍コリニアシ T 5-0
藤「背番号で言うと2、4、8、10というところが中心になってますね」
大「田中からヒーナンがひとつ入って、霜村からコリニアシが待っていました」
藤「この人が外国人枠でないのが大きいですね。人格者だと。学業も真剣に取り組み、若手トンガ人のリーダー的存在です」

3分 三洋電機 トニー・ブラウン G 7-0


智規クンインターセプト!
8分 三洋電機 北川智規 T 12-0
藤「神戸はよりによってという人のところへ入ってしまいましたね」
大「懸命に小笠原もすがるんですが、なかなか差をうめることができませんでした。ポスト真下中央にトライ」
藤「この人は抜けてしまえば止まらないですね」

9分 三洋電機 トニー・ブラウン G 14-0


大「北川にスペースを与えてしまうと、とめられない、トライだ!」
13分 三洋電機 北川智規 T 19-0
藤「ボールが乱れて、トニー・ブラウンからコリニアシ」
大「霜村がひとつ間に入って」
藤「フィニッシャーですね。三洋にしたら理想的な得点」

13分 三洋電機 トニー・ブラウン Gx 19-0
大「これは難しい角度。不成功です」

再三の三洋の押し込みは神戸必死にグラウディングを防ぎ、山本大介選手がキックに蹴り出してしのぐ。
藤「ブラウンの崩す仕掛けがいいですね。シンプルだけど効果的、まったくムリしない」

大「せまいサイド、ブラウンが抜けてこれはトライになりそうだ」
30分 三洋電機 トニー・ブラウン T 24-0
藤「これはアイディアがいい。抜く技術もありますが。この幅、ある意味攻めやすい、組織ディフェンスが通用しないんで」
大「せまいサイドライン際まで2mぐらいの距離2人立っていました、田中とトニー・ブラウンでとりました」

大「ブラウンが足をひきずってまして、田邉が狙ってきます。低い弾道、いい感じでボールがのびてきます」
32分 三洋電機 田邉淳 G 26-0

35分、ブラウン、左腿を傷めて退場。

神戸倒れこみの反則。

大「距離は50m。どちらかというと風下です。距離が足りない」
39分 三洋電機 田邉淳 PGx 26-0

      前半スタッツ
三洋           神戸
4/4  ラインアウト   6/9
4    ハンドリングエラー 2
4   ターンオーバー   0
5    反則       3

藤「神戸に問題がある。ラインアウトを建て直す。ディフェンスが人間そのものに激しく行ったほうがいい。ボールキャリアに対して負けているので」
大「すべての接点で後手に回っている印象ですね」
藤「みんな半ずれになっていますね」
大「ブラウンが傷んだのが後半どうでるかですね」


宮本監督
言うことなし。このままで戦う。神戸のブレイクダウンに注意。

平尾総監督
取られなくてもいいトライをやってしまった。大きなビハインドにあわせて相手にチャンスをやってしまっている。1から建て直して4トライとるイメージでいこう。


後半、オライリー選手が№8で出場。

モールから田中選手がパス。
大「ここにコリシアニがいました。そのまま抜けた田邉。あっという間に先制しました」
1分 三洋電機 田邉淳 T 31-0
大「ラインに入っていましたから、コリニアシ」
藤「絵に描いたとおりの(笑)。今もタックルが届いてない。強力なランナーには特別なディフェンスしたほうが。今のような内側から高い角度でいったらはじかれます」

2分 三洋電機 田邉淳 G 33-0
大「右足のキック。コンバージョンも決まりました」

大「宮本監督です」
藤「ラグビーの監督はいくらリードしても嬉しそうにしないですね(笑)。心理として最後まで不安というか安心できないんです」

大「ホラから大石足にかけて、抜ける濱島。最後は辻井がおさえています」
3分 神戸製鋼 辻井将孝 T 33-5
藤「サインプレーで崩して、大石が裏に。あれが当たったんですね」

4分 神戸製鋼 ピエーレ・ホラ G 33-7
藤「やはりホラ選手がボール持ったときにトライが生まれますね。三洋は神戸の9番10番にもっと激しくプレッシャーをかけるべき」


大「小笠原、1対1の勝負。飛び込めたか!?」
藤「いった!あっ、今いってない感じですね」
大「手前でしたね。トライが認められましたか」
藤「押さえてたんですかね」
8分 神戸製鋼 小笠原仁 T 33-12
★いや、なんつーか見た目手前なんですケド。本人も苦笑いしてましたにゃ~(^ ^;)。

大「難しい角度。左足。わずかにそれました」
9分 神戸製鋼 ピエーレ・ホラ Gx 33-12
藤「これでゲームが生き返ってきた」


10分 三洋電機 北川智規 T 38-12
藤「ライン際から崩しましたね。ワイドに振って、狭いんですが」
大「1番狭いサイドから内側に振り切って、そのまま中央まで持ってきました」
藤「この人のステップですね」

11分 三洋電機 田邉淳 G 40-12


神戸ノットリリース。
大「真横へのキックパスです。ジョエル・ウィルソン(バックパス)小笠原へ。遅れました」
藤「今のような仕掛けをしたあとは抜ききらないと厳しいですね。味方も反応しないんで」
大「榎本がタックルでとめて、からんでノットリリース」
21分 三洋電機 田邉淳 PG 43-12

神戸がゴール前モールで押し込んだところで故意のコラプシングということで・・・。
23分 神戸製鋼 PT 43-17

23分 神戸製鋼 ピエーレ・ホラ G 43-19

ここからは三洋10分間14人の攻防。でもモール押してる。

大「ダイブしてトライ」
28分 三洋電機 ダニエル・ヒーナン T 48-19
藤「神戸直前、その前にタックル力が気になりますね」
大「スペースがないと見るや空中戦を挑んでいきました、ヒーナン」
藤「実力者です。仕事をよくしますね」

29分 三洋電機 田邉淳 G 50-19


1番外側に智規クン。
32分 三洋電機 北川智規 T 55-19
藤「ボールキャリアが抜ききるか前に出れるんで、三洋は攻めやすいですね。(北川)今日は存分に走ってますね。今季ある意味この人がむやみにボールを貰わなくなったのも強みです。ブラウンがコントロールして」

大「これもいい当たりだ、ポスト中央をぶち抜いていきました」
33分 三洋電機 田邉淳 G 57-19


神戸、モールで何度も押し込み、
37分 神戸製鋼 松原裕司 T 57-24
大「ここは近場、近場にこだわった神戸がここは意地でとってきました。オライリーが傷んでいます」
藤「ものすごく低くいきましたからね」

大「左足のキックは左サイドそれました」
38分 神戸製鋼 ピエーレ・ホラ Gx 57-24
藤「最低限の線をクリアしましたね」



      フルスタッツ
三洋            神戸
8/8  ラインアウト   11/15
8    ハンドリングエラー 6
6   ターンオーバー   4
8    反則       6

大「今日は立ち上がりから三洋が神戸を圧倒するようなゲーム展開でした」
藤「試合の流れもありますが、自力が少し違いましたね。セットプレーも優勢でした」




★はっきり言って、神戸この出来でよく4トライ取れましたよね~(^ ^;)。しかしこの1点があとで効きそうな・・・。
智規クンはやっぱりスピードスター
日曜の先輩水野選手との対戦が楽しみですにゃ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック