アイルランド vs. スコットランド

★会場に大統領が来たりするのも、テストマッチならでは。今年は福田さん来ますかね(^ ^;)。
それにしても相変わらず強いのか弱いのかわからないのがアイルランド。オドリスコルは世界最高のセンターだと思いますけどねえ。つか、オガちゃん肝心なときにはずさないでよ~。

実況:矢野武

解説:岩渕健輔

クロークパーク/アイルランド

スコットランド/フランク・ハデン
1ジェイコブセン2フォード3マリー4ハインズ5マクロード6ストロコッシュ7ホッグ8ブラウン9ブレアー10パターソン11ラモント12ヘンダーソン13ウェブスター14ウォーカー15サウスウェル

アイルランド/エリー・オサリヴァン
1ホラン2ジャックマン3ヘイズ4オカラハン5M・オドリスコル6リーミー7ウォーレス8ヒーズリップ9レッダン10オガーラ11カーニー12トリンブル13B・オドリスコル14ボー15デンプシー


パターソンのキックオフで試合開始。

21分、デビッド・ウォレスのトライ。オガーラのGK決まって7-0
岩「十何回攻撃されて、やっと止めて、相手ボールのスクラムで集中力がコントロールできなかった。一瞬のことですが」
矢「スコットランドはあれだけアグレッシブに敵陣に入って、取り切れず。アイルランドは初めて22m無深く入って取った」

23分、アイルランドのペナルティ。
矢「ちょっと信じられないぐらいに精密ですねこの人は。ナニが必要なんでしょう」
岩「同じような作業を同じように繰り返せるか。集中力の高さでしょう」
24分、パターソンのPG成功。7-3
矢「当然のように決めてきました。しかしやはり、トライを取らないと勝てない」

25分、カーニーのトライ。オガーラのGKも決まって14-3
矢「スコットランドにはショックですね」
岩「オドリスコルはまっすぐ走って、裏に抜けて外を見る。パススキルの高さも、素晴らしい」
矢「完全に2人いるディフェンスが、間にいる形になりました」
岩「前が開いてたので、オガーラがまず前につきましたね。その前の、マーフィのキャッチが素晴らしかった」
矢「オドリスコルにパスを送ったのが、オガーラです」

30分、パターソンのPG成功。14-6
矢「会場が異常なまでに静まりかえります」

36分、ぶん殴ったハインズに注意。
矢「取りきれないんで、フラストレーションたまったんでしょうかね」

このまま点が動かず前半終了。

岩「スコットランドはミスをせずにボールを継続してアタックする。アイルランドは相手陣に早く入って攻めたい」

オガーラのキックオフで後半開始。

40分、ホランのトライ。オガーラのGKは失敗。19-6
矢「ダイレクトで一発でとってきました」
岩「プロップですけど、いいところにポジションしてますね。理解度が高い」

43分、オガーラのPK成功。22-6

52分、ウェブスターのトライ。パターソンのGK成功。22-13
矢「するっと来ましたね。初トライです」

61分、ボーのトライはビデオレフ。
岩「ターンオーバーからの1発ですね。マーフィとオガーラ、すばらしいパスが2本続きましたね」
トライ認められる。オガーラのGK成功。29-13

69分、キャプテン・オドリスコルが交代。見切ったね(笑)。

マン・オブ・ザ・マッチはジョルダン・マーフィ。

78分、ボーのトライ。ウォーレスのGKは失敗。34-13
岩「スコットランドはバックスが相手を上回れていないので、厳しいですね」

ここでノーサイド。



★トリンブルもちょっとカッコいいかも~。って、どんだけ気が多いねん、ワレ~(笑)。
さてこうなると、対ウェールズ戦が楽しみです!
なんとかオドリスコル、オガーラのいるうちに優勝を!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック