難波詠人のミーハーラグビー日記

アクセスカウンタ

zoom RSS Jスポーツラグビーアワード2007-8

<<   作成日時 : 2008/03/31 21:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

★みなさんちゃんと投票しました?そして当たりました?ちなみに私は、ベストゲーム以外は当たりましたわ(でも今季は簡単でしたわね^ ^;)。

矢「W杯2度目の戴冠は、スプリングボクス。国内では三洋が悲願の日本選手権制覇を果たした2007-8シーズン。そこで感動をくれたプレーや戦いを振り返り、表彰していきます」
村「最後までどこが勝つかわからない、面白いシーズンでしたね」

矢「今シーズン最高の試合、ベストゲーム賞から選ばれたのはこの試合」

ベストゲーム賞 MSC準決勝 三洋vs東芝
矢「TL史上初の無傷でレギュラーラウンドを通過した三洋と、最終節でプレイオフに滑り込んだディフェンディング・チャンピオンの対決でした」
村「東芝がほとんどの時間ゲームを支配しましたね」
矢「ほんとにこう、MSCに入ってくるまでがかなり違う両者でしたけどね」
村「東芝調子悪くて、三洋は全勝で突っ走ってたんですけど、ここで東芝がほんとに意地を見せた。しかし三洋も持ち前の攻撃力を見せてくれたということで。非常に面白い試合でしたね」

矢「では視聴者の皆さまのコメントもご紹介しましょう」
★まさに力と力の激突。
★白鵬と朝青龍の千秋楽の一番に匹敵。これ、初場所のほうですね。
★両軍選手の心理状態がプレーに反映し、ラグビーの面白さ、コワさも実感しました。
★監督・脚本・主演トニー・ブラウン。
矢「しかしここ数年この流れで行くと、東芝が勝ってたんですよね」
村「そうなんですよね。ところが最後に三洋に攻めやすいボールを渡してしまうんですね。その後連続攻撃が始まるんですけど」
矢「ここで今40分のホーンが鳴ります。なんとここで、三洋にトライが生まれます。今シーズン1番秩父宮が沸いた瞬間でした」
村「このトライを見たら印象に残るのは当然ですね」

2位TL6節トヨタvs三洋
3位MSC決勝三洋vsサントリー
4位TL13節サントリーvsトヨタ
5位W杯日本vsカナダ 日本選手権決勝三洋vsサントリー

矢「さあ続いては新人賞の発表。この選手です」

新人賞 田中史朗(ふみあき)(三洋SH)
矢「大学選手権ベスト4の京産大を卒業した、社会人1年目の戴冠です」
村「彼は大学3年のときあまり試合に出てなかったんですね。そのために各チームがノーマークだったので、三洋だけが声をかけたんですけど、大学1年から彼のこと知ってる人たちにすれば、能力は申し分ない。タックルもいいし、パスワークも素晴らしい。抜けていくスピードもあるんですね」
矢「日本代表スコッドにも入りましたね」

★目を見張る活躍でしたが、途中までは新人だとは思いませんでした。
★トニー・ブラウンを活かした。
★密集サイドの適切なプレー選択がよかった。
★小さいことが最大の武器とシェーン・ウィリアムズが言っていたけど、田中選手はまさにその通り。

2位豊田真人(東芝)
3位山中亮平(早稲田)
4位今村雄太(神戸)
5位矢富勇毅(ヤマハ) 中濱寛造(早稲田)

矢「最も優れた采配をした監督に贈られる、監督賞はこの方」

監督賞宮本勝文(三洋)
矢「就任4年目で、悲願の日本一へ導きました」
村「彼は何度か話を聞きましたけど、『負ける気がしない』とよく言ってましたね。ほんとに自分のチーム、選手に自信を持ってましたね。それが今シーズンの強さだと思いますね」

★ドラマチックに敗れる三洋、その歴史に終止符を打った、宮地監督と連名で。
★偉大なる敗者だった三洋を日本一に引き上げた。
★面白くて強いという、難しいことを両立させてくれたから。
村「ほんとに自信があるだけではなくて、選手の交代のタイミングとかも絶妙でしたし。ほんとに素晴らしい采配でしたね」
矢「見ていて楽しいラグビーでしたね」
村「それが三洋の選手たちに合ってたということでしょうね。特長を活かした最後の日本選手権の優勝だったと思います」
矢「三洋のあの最後の最後で涙を飲むっていうシーンを知っている世代には特に、そうだったかもしれませんね」
村「最後の宮地監督の胴上げなんかは、泣けてきましたけどね。宮本さんは『清宮は勝負師や。僕はそうじゃないから』って言ってましたけど。でも勝ちましたね」
矢「しかし今シーズンで監督は勇退、と」
村「カッコよすぎますね(笑)」

2位清宮克幸(サントリー)
3位中竹竜二(早稲田)
4位ジョージ・カーワン(日本代表)
5位石井龍司(トヨタ)
谷崎監督(東福岡) 松尾(長崎北陽台)

矢「最も印象に残った個人、もしくはチームを表彰します、特別賞」

特別賞村田亙(ヤマハSH)
矢「東芝の3連覇、日本代表での活躍、日本人プロラガーマン1号。アグレッシブにチャレンジを続けた村田亙、40歳での引退でした」
村「ほんとにここ20年、日本のラグビーの最先端を走った素晴らしい選手ですね。サイドをすり抜けるスピードっていうのは、ほんとに印象に残ってる人が多いと思いますね」
矢「実は背番号9番をつけているのが今シーズン1度もなかったんですね、ゲームの中では」
村「シーズン前に、矢富選手という素晴らしい選手も入ってきたので、彼に勝てなかったら引退って思ってたと言ってましたね」

★スピードと闘争心あふれるプレー。日本ラグビー最高のSH。
★お疲れ様の意味をこめて、日本一ラグビーマッドなプレイヤーへ。
矢「これがラストゲームの東芝戦です。中山選手も祝福にかけつけました」
村「最後の試合が古巣の東芝相手ということでよかったですね」

2位三洋
3位W杯日本代表
4位大西将太郎(ヤマハ)
5位入江順和(三洋) 正面健司(トヨタ)
谷口かずひと 平林泰三

矢「最後の賞です。最も活躍したプレイヤー、MVPは」

MVPトニー・ブラウン(三洋)

矢「来日4年目、元オールブラックス。2位以下を大きく引き離してのトップです、納得です」
村「これは納得ですね。これは誰が見てもそうだったですね。彼が三洋をコントロールしましたよね。そしてプレーぶりが、ほんとに骨惜しみしない。常に動いてるし、常に相手にぶつかっていって、ポジションに関係なく動き続けましたね。すべてのラグビー選手の手本みたいな人ですね」

★ゲームメイクの素晴らしさ。魂のかたまりのようなディフェンス。
★さすがのオールブラックス。激しく、正確で緻密。
★神出鬼没、変幻自在、1人で5人分くらい働いています。
矢「彼のプレーを日本全国に伝えられるっていう、Jスポ側も喜びがありましたね」
村「そうですね、嬉しいですね。ほんとに世界のトッププレイヤーですからね。これを見て、たくさんいい選手が育ってほしいですね」
矢「ちなみに国内シーズンを終えてすぐ、スーパー14で活躍しているトニー・ブラウンです」
村「そういった意味でもほんとに、日本と世界をつないでくれてますよねえ」

2位大西将太郎(ヤマハ)
3位北川智規(三洋)
4位榎本淳平(三洋)
5位ホラニ龍コリニアシ(三洋) 正面健司(トヨタ)

矢「ではトニー・ブラウンの声、聞いてみましょう」

トニー・ブラウン
ファンの皆さん、ありがとうございます。三洋にとって素晴らしいシーズンで、多くの選手がいいプレーをしました。ファンの皆さんが応援してくださった事に、本当に感謝しています。
アリガトウ。

矢「受賞した皆さまおめでとうございます。
さあ改めて、どんなシーズンだったでしょう」
村「ずっとトップを走ってきた東芝が少し力が落ちてきて、サントリー、三洋が強くなってきた。TL全体の世代交代の、きっかけになるようなシーズンだったと思いますね」
矢「来季に向けてもう始まりますね」
村「TLで活躍した選手たちが、JAPANでも活躍してくれることを期待したいですね」
矢「そして世界のラグビーシーンは動き始めています。来季に期待しつつ、」

ノーラグビー、ノーライフ!

http://www.jsports.co.jp/tv/rugby/award.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Jスポーツラグビーアワード2007-8 難波詠人のミーハーラグビー日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる