大学選手権準決勝2

明治大学-Meiji Univ.-帝京大学-Teikyo Univ.-

解説:小林深緑郎・野澤武史 実況:矢野武
開催日:2010年1月2日@国立競技場

注目選手・帝京
野「ロックボンド選手、ブレイクダウンの仕事がきいている。帝京を優勝させる使命感を感じる」

注目選手・明治
小「№8杉本、帝京のボンド、ツイにフィジカル面で対抗する選手」

試合の写真はこちら↓

http://number-eight3.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/vsin-416c.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ウルトランナー
2010年01月08日 06:15
 おはようございます。
 M、残念ながらというか予想どおりというか、準決勝で見事に散ってしまいました くじ運だのなんだのと言われながら、まあ国立まで来れたんだから今シーズンは十分かなあというのが素直な感想です
 吉田監督にとって、来シーズンこそ勝負の年でしょうね 課題は100%判ったとのことだし、3年連続で対抗戦3勝4敗は、それこそ許されないでしょう。期待してるバイ
2010年01月08日 21:18
ウルさん
Mはねー、強くなれるかどうかは、監督を信じられるかにかかってるんじゃないでしょうか。K御大のようなカリスマ性が発揮できれば、素材はトップクラスなんですから。

この記事へのトラックバック