スーパー14 9-2

ブルーズ(ニュージーランド)-Blues-ストーマーズ(南アフリカ) -Stormers-

解説:藤島大 実況:矢野武
開催日:2010年4月10日
会場:イーデン・パーク, オークランド

ブルーズ
1マイラウ2メアラム(C)3ファウムニア4ハイウ5ボーリッチ6カイノ7リロ8マアフ9マチューソン10ブレット11ウルフ12マカリスター13レンジャー14ロコゾコ15トウェアヴァ

ストーマーズ
1モラー2リーベンバーグ3ハリス4フォンセ5ベッカー6バーガー(C)7ロー8フェルミューレン9デュヴェナヘ10グラント11ハバナ12デヨーン13フーリー14ナンゲレヴキ15アプロン

ストーマーズのキックオフで試合開始。

6分、オフサイド。
グラントのPG成功。0-3

藤「スカルク・バーガーあまりパスうまくない。それでいいと思いますが(笑)。子供のとき、たぶんパスする必要なかったんですね。パスが堅い(笑)」

矢「キックはどうだ、スカルク・バーガーJr(笑)」

12分、フーリーのトライ。グラントのGK成功。0-10
矢「今リーベンバークも見事」
藤「アプロンがすばらしいキャッチングからランニングにすぐ移行したのが見事。ブルーズはキャッチングをミスしてから蹴ったので、うまくなかった。しかし速い」

14分、ブレットのPG失敗。

藤「トゥエアヴァは渋いですね。渋いに代わる言葉を探してるんですが(笑)」
矢「でも24歳(笑)」

22分、矢「ラックになりました。作り直すか。押し込んでいく、あと1m。いった、ノックオンか押さえたか」
デュヴェナヘのトライはビデオレフ。
藤「トライかトライじゃないか、教えてくれと」
トライの判定。グラントのGK成功。0-17

藤「アプロン、自分がボールみたいですね」

藤「今日ストーマーズのゲームプランとしてコーチが語っていたのが、蹴るときはタッチに蹴りだすと。そしてラインアウトでプレッシャーをかけると。珍しく嘘じゃなかった(笑)」

32分、グラントのPG成功。0-20

34分、リロのトライ。ブレットのGK成功。7-20
藤「(ストーマーズ)キックがちょっとイージーだった。タッチヘ蹴りだすべきでしたね、打つ手がなくなったら」

グラントが蹴りだして前半終了。

47分、グラントのPG成功。7-23

50分、マカリスターのトライ。ブレットのGK成功。14-23
矢「ブレーキをかけてハバナをやりすごしました」
藤「スクラム苦しい感じでしたけど、下に落ちてそのままボール出て。その後は理にかなった攻撃でしたね。ファーストレシーバーが前で受けて、シンプルに崩した。今ハバナのミスでしょうね。気があせったのか」

53分、ブレットのPG失敗。

58分、矢「ボール奪った、つながった」
ファンセールのトライ。グラントのGK成功。14-30
藤「ピンチを脱してタッチに蹴りだして、ラインアウトでプレッシャーかける」
矢「あれだけフェーズを重ねて攻めて切り返されて」

60分、矢「ロコゾコ裏に出た、トウェアヴァ、走りきるか。2人でつないで。久々にダイビングしながら」
ロコゾコのトライ。ブレットのGK成功。21-30
藤「ストーマーズのミスですね。チェイスも悪いですし」

63分、グラントのPG成功。21-33

77分、ブルーズ、トライするもスローフォワードの判定。

80分、アプロンが蹴りだしてノーサイド。
藤「立ち上がりにどちらに自力があるか、はっきりしましたね」

★ブルーズ、先週はなんだったんだ~。(^ ^;)


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント