シックスネーションズ2011-8

イングランド-England-フランス-France-

解説:藤島大/岩渕健輔
実況:矢野武
開催日:2011年2月26日(現地)
会場:トゥイッケナム・スタジアム/トゥイッケナム(イングランド)

フランス/マルク・リエブルモン
1ドミンゴ2セルヴァ3マス4ピエール5ナレ6デュソトワール(C)7アリノルドキ8シャバル9ヤシュヴィリ10トランデュック11クレール12ジョジオン13ルージュリー14ユジェ15ポワトルノー

イングランド/マーティン・ジョンソン
1シェリダン2ハートリー3コール4ディーコン5パーマー6ウッド7ハスキル8イースター9ヤングス10フラッド11クエトー12パペ13ティンドル(C)14アシュトン15フォーデン

フランスのキックオフで試合開始。

3分、矢「ファーストスクラムはイングランドの勝利です」
藤「どちらが先にペナルティとられるかも注目されていた」

4分、フラッドのPG成功。0-3
藤「イングランドは理想的スタート。フランスのスクラムを崩してペナルティをもらった」
岩「次ももらえると相当有利」

5分、矢「フランスボール」
藤「イングランドが自陣からも回すところを襲い掛かってペナルティをとった」
ヤシュヴィリのPG成功。3-3
矢「正面しっかりとりました」

12分、フラッドのPG成功。3-6
矢「ど真ん中打ち抜いていきました」

16分、矢「シャバルにオフサイドがあったようです」
藤「あっ、攻めた。イングランドらしくない(笑)。このスコアでこの時間帯でクイックタップっていうのは」
矢「ポスト真正面です」
フレッドのPG成功。3-9

18分、ヤシュヴィリのPG成功。6-9 

藤「リエブルモン監督はイングランド人研究するためにチャーチルの自伝読んでるんでが、水曜の段階でまだ第一次世界大戦のところまで(笑)」
矢「かなりアンチイングランドの発言してますね。アイルランドの観客からはイングランドやっつけてくれと言われたと(笑)」

21分、ヤシュヴィリのPG成功。9-9

藤「シェリダンは190cm123kg。2007年のデータだとベンチプレス225kg、275㎏」
矢「違う競技でもいけそうな(笑)」

33分、藤「スクラムほとんど笛で終わりますね(笑)」

40分、ヤシュヴィリのPG失敗。
藤「イングランドのアタックがうまくいってない印象」
岩「フランスのDFがうまくいっている」

41分、矢「はじいた、フォーデンのところへ、いったか!」
フォーデンのトライ。
岩「クエトーがかなりフラットなラインで飛び込んできた。HT出てくるDFを近場でとめるよう指示があったのでしょう」
藤「移動プレーがいい」
矢「チャージからトライに結び付けました」
フラッドのGKは失敗。9-14

藤「フォーデンは最初の10分間にボールを触った数が、1980年頃のFBが10年間で触ったのと同じくらい(笑)。それぐらいイングランドのラグビーは変わったと」

43分、矢「さあ裏に出ますフラッド、つながったヤンチース、スローフォワード」
藤「惜しい(笑)」

矢「おっと(フランス)落とした」
藤「スクラムを組みたいために落としたんじゃないと思いますが(笑)」

50分、矢「フラッド足を痛めたようです」
どウィルコ登場。
矢「やはりシャバル退いてボネール」

51分、ウィルコのPG成功。9-17

53分、ヤシュヴィリのPG失敗。
矢「ポストに当たって戻ってきた、まだゲームは生きています」 

55分、矢「DGか!」
トランデュックのDGは失敗。
藤「明らかに決まらない感じのタイミングですね。フランスは攻め手がなくなってしまった」

57分、矢「転がしたボール、どうだ押さえたか?ノックオンか。TMOもない。外側からルージュリー」
岩「真ん中のスクラムだったので、FBをイングランドから見たら左側に置いていた。フランスの左は後ろに誰もいないので、トランデュックがあれだけ前に出て後ろにけられると戻れない」

MOM トム・パーマー

80分、イングランドがボール落としたところでノーサイド。
藤「イングランドのFWの力がわかった。レスリングに勝った(笑)。ABを除くと世界に手が届いた」
岩「スクラム、ブレイクダウンで優勢だった」






















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント