欧州6カ国対抗戦~ #9

イングランド -England- アイルランド -Ireland-

解説:藤島大 実況:佐藤哲也
開催日:2014年2月22日(現地)
会場:トゥイッケナム・スタジアム, トゥイッケナム, イングランド

アイルランド/ジョー・シュミット
1ヒーリー2ベスト3ロス4トナー5オコンネル(C)6オマーニー7ヘンリー8ヒースリップ9マーリー10セクストン11カーニー12ダーシー13オドリスコル14トリンブル15カーニー

イングランド/スチュワート・ランカスター
1マーラー2ハートリー3ウィルソン4ローンチバリ5ロウズ6ウッド7ロブショー(C)8ヴニポラ9ケア10ファレル11メイ12トゥエルブトゥリース13バレリ14ノエル15ブラウン

イングランドのキックオフで試合開始。

藤「イングランドのスクラムコーチ。耳でわかりますね」
佐「いい耳です」
藤「男の耳は履歴書」

6分、佐「メイが飛びこんだ、本人は拳を突き上げましたが」
藤「一つ一つ力強い攻撃」
佐「ノックオンでした」

佐「ラインアウトのペナルティ」
24分、ファレルのPG成功。3-0
佐「50m決めました」

藤「ブラウン若いですね、レジェンドに無礼な態度を(笑)。オドリスコルも学校時代補欠だったこともある。その時のコーチは未だにからかわれている。昨年のライオンズの最後にはずされて、オドリスコルを外したのはガットランドと私だけだと」

スクラムの反則。
佐「完全に回りました」
34分、ファレルPG失敗。
佐「ポストに当たりました」

佐「カーニーがスピートよく入ってきました」
カーニーのトライ。
藤「今のはヒースリップからインサイド。準備したプレーでしょうがコーチの表情から読み取れませんね(笑)。ラックの後ろに佇むというのは大事。相手が的を絞れない」
42分、セクストンのGK成功。3-7

藤「モール崩してると。真ん中を割って、相手のジャージを掴むことによって自分の体は逆に前に出る。ロックらしいプレーですが」
49分セクストンPG成功。3-10

佐「アドバンテージを見ていました」
54分ファレルPG成功。6-10

佐「ブラウンからオフロード、ケアが自ら持っていった」
ケアのトライ。
藤「マイク・ブラウンのコースがよかった」
57分ファレルのGK成功。13-10

80分、ノーサイド。
佐「白熱した攻防でした」
藤「若いイングランド、敗戦することで大きくなれる。フランスに敗れて何か教訓を得て、大きくなった」

MOM マイク・ブラウン

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント